昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中

【2018年12月14日】昭和元禄落語心中 第10話(最終話)「八雲」

あらすじ 高座で倒れた八代目有楽亭八雲(岡田将生)は一命を取り止めた。一方で今は有楽亭助六を名乗る与太郎(竜星涼)と小夏(成海璃子)の夫婦は、かつて先代の有楽亭助六(山崎育三郎)と芸者のみよ吉(大政絢)とが事故死した夜に、四国で行われた...
昭和元禄落語心中

【2018年12月7日】昭和元禄落語心中 第9話「秘密」

あらすじ 有楽亭与太郎(竜星涼)と小夏(成海璃子)が結婚してから歳月が流れた。与太郎は助六の名を襲名して、堂々たる真打。一方で有楽亭八雲(岡田将生)は70代に入り、至高の芸は健在ながら、人知れずある悩みを抱えることになっていた。そして一...
昭和元禄落語心中

【2018年11月30日】昭和元禄落語心中 第8話「誕生」

あらすじ 妊娠した小夏(成海璃子)は、お腹の子の父親が誰なのか、頑(かたく)なに秘密を貫く。有楽亭与太郎(竜星涼)は、かつて自分が所属したヤクザの組長(中原丈雄)が父親であるらしいことを突き止め、組長と直接、対決することに。ずっと事態を...
昭和元禄落語心中

【2018年11月23日】昭和元禄落語心中 第7話「昇進」

あらすじ 助六(山崎育三郎)とみよ吉(大政絢)の事故死から長い歳月がたった。60代に入ったかつての菊比古、今の八代目有楽亭八雲(岡田将生)は老いてなおその芸は美しく、落語界で孤高の地位を保っていた。そして八雲の唯一の弟子・与太郎(竜星涼...
昭和元禄落語心中

【2018年11月16日】昭和元禄落語心中 第6話「心中」

あらすじ 有楽亭菊比古(岡田将生)は助六(山崎育三郎)と四国で再会した。菊比古は、助六と芸者みよ吉(大政絢)との間にできた娘・小夏とともに助六に東京に戻って落語界に復活するように懸命に説得する。だが助六は頑(かたく)なに菊比古の誘いを断...
昭和元禄落語心中

【2018年11月9日】昭和元禄落語心中 第5話「決別」

あらすじ 真打昇進後、有楽亭菊比古(岡田将生)はめきめきと人気も実力も上げていった。一方で破門されてしまった有楽亭助六(山崎育三郎)は落語界に居場所を失ってしまい、かつて菊比古の恋人であった芸者のみよ吉(大政絢)と共に、ぷっつりと消息を...
昭和元禄落語心中

【2018年11月2日】昭和元禄落語心中 第4話「破門」

あらすじ 端正で上品な芸の八雲(岡田将生)と、豪快で柔軟な芸の助六(山崎育三郎)。ふたりは若手落語家として並び立つ存在に。どちらが先に昇進して「真打」になるのか。八雲は先輩・彦兵衛(柳家喬太郎)から、演目「死神」を伝授され、真打昇進に挑...
昭和元禄落語心中

【2018年10月26日】昭和元禄落語心中 第3話「迷路」

あらすじ 二つ目の若手落語家として、八雲(岡田将生)は壁にぶつかっていた。生真面目で端正な芸は、地味で華がなく、客に受けなかった。一方で親友の助六(山崎育三郎)は、若くして柔軟な芸風で、爆笑を誘って大人気。人気も実力も及ばず、八雲はコン...
昭和元禄落語心中

【2018年10月19日】昭和元禄落語心中 第2話「助六」

あらすじ 有楽亭八雲(岡田将生)と有楽亭助六(山崎育三郎)が、落語の世界に入門したのは昭和10年代。前座として寄席に出る頃には、日本は戦争の真っ最中。世相を慮っていくつかの演目が「禁演落語」とされたり、徴兵に怯(おび)えたり。不安と葛藤...
昭和元禄落語心中

【2018年10月12日】昭和元禄落語心中 第1話「約束」

あらすじ 昭和50年代。名人落語家・有楽亭八雲(岡田将生)は、刑務所帰りの風変わりな若者・与太郎(竜星涼)を弟子にする。住み込みで修行を始めた与太郎は、八雲と養女・小夏(成海璃子)との間に深い確執があることを知る。小夏の実父は、落語家で...
スポンサーリンク