プリティが多すぎる

プリティが多すぎる

【2018年12月20日】プリティが多すぎる 第10話(最終話)

あらすじ 南吉(千葉雄大)は突如文芸編集長(杉本哲太)から「文芸に戻してやる」と告げられる。その条件は、人気作家の水科(清水くるみ)に新作を書かせるべく口説き落とすことだった。一方「ピピン」編集部は一丸となって雑誌の存続を懸けた読者イベ...
プリティが多すぎる

【2018年12月13日】プリティが多すぎる 第9話

あらすじ 自分のミスでモデルの人生を狂わせてしまったことに落ち込む南吉(千葉雄大)は、文芸に戻りたいという気持ちを断ち切って「ピピン」に集中することに。そんな中「ピピン」の廃刊危機を知り、ウェブ版「ピピン」の立ち上げを提案する。ウェブ版...
プリティが多すぎる

【2018年12月6日】プリティが多すぎる 第8話

あらすじ 南吉(千葉雄大)は、アパレルブランド「TJラッシュ」のタイアップ記事を任される。一方「ピピン」モデルとしてなかなか芽が出ない珠里(川島海荷)は、「自分には才能がない」とカメラの前で泣き出してしまう。そんな中迎えた「TJラッシュ...
プリティが多すぎる

【2018年11月29日】プリティが多すぎる 第7話

あらすじ 今日はファッション雑誌「ピピン」の校了日。友人の結婚式におしゃれをして出かけようとする利緒(佐津川愛美)の姿が気になる南吉(千葉雄大)。さらにこの日、同期の近松(中尾明慶)が利緒に告白するつもりだと聞き、内心気が気でない。そん...
プリティが多すぎる

【2018年11月22日】プリティが多すぎる 第6話

あらすじ 南吉(千葉雄大)がやっとの思いでまとめた初企画は巻頭企画と被っていたことが判明し、編集長(堀内敬子)からコンセプトの変更を命じられる。茫然とする南吉だが、カメラマンの戸馬(池田鉄洋)は「適当にやるから大丈夫」と気にも留めない様...
プリティが多すぎる

【2018年11月15日】プリティが多すぎる 第5話

あらすじ 南吉(千葉雄大)は、「ピピン」に来て初めて自分の企画を通し、「プリンセスコーデ」の誌面作りを任される。張り切る南吉だったが、こだわりの強いキヨラ(長井短)と心寧(武田玲奈)との間で板挟みとなり、スタイリスト(宍戸美和公)にも呆...
プリティが多すぎる

【2018年11月8日】プリティが多すぎる 第4話

あらすじ ファッション雑誌「ピピン」編集部は、キヨラに続くスターモデルを探していた。そんな中、南吉(千葉雄大)は全国から「ピピン」読者が集まる「大スナップ祭」で、SNS上でカリスマ的な人気を誇っているという心寧(武田玲奈)の情報を耳にす...
プリティが多すぎる

【2018年11月1日】プリティが多すぎる 第3話

あらすじ 南吉(千葉雄大)は編集長(堀内敬子)に命じられ、「ピピン」No.1モデル・キヨラ(長井短)と彼氏とのカップルデート企画を手伝うことに。バカップルに振り回されてうんざりする南吉だったが、同僚の利緒(佐津川愛美)に叱咤され、嫌々な...
プリティが多すぎる

【2018年10月25日】プリティが多すぎる 第2話

あらすじ ファッション雑誌「ピピン」の新米編集者・南吉(千葉雄大)は文芸部から異動させられたことに不満を抱えながら働いていた。そんな南吉に原宿のカリスマショップ店員・レイ(黒羽麻璃央)は興味津々。ある日、南吉は編集長(堀内敬子)から街で...
プリティが多すぎる

【2018年10月18日】プリティが多すぎる 第1話

あらすじ 大手出版社で働く新見佳孝(千葉雄大)は同期(中尾明慶)も羨む文芸編集部のエース。しかし、ある日突然編集長(杉本哲太)からファッション雑誌「ピピン」への異動を命じられる。不貞腐れて出社した新見を待ち受けていたのは勝気な利緒(佐津...
スポンサーリンク