【2019年5月20日】小説王 第5話

小説王

あらすじ

白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)フジテレビ初主演! 白濱のバディ役に小柳友、ヒロインは桜庭ななみ! 早見和真原作、人気小説「小説王」がついにドラマ化! 豊隆(白濱亜嵐)は内山(西岡徳馬)からの挑戦を受けて立ち、「父親」をテーマに連載小説を書く覚悟を決めた。豊隆がアパートにこもって執筆をしていると、晴子(桜庭ななみ)が差し入れを持ってやってきた。差し入れを渡してすぐに帰ろうとする晴子を、思わず引き留めてしまう豊隆。抱きしめようとした瞬間、電話の着信音が。それは、人気小説家・野々宮(須藤蓮)から、晴子へのメッセージだった。晴子が野々宮に言い寄られていることに気付く豊隆。豊隆は、小説家として実力もあって、金もある野々宮に嫉妬する。野々宮にも内山にも負けたくない一心で、執筆に集中する豊隆。一方、俊太郎(小柳友)は、担当編集者として毎日のように内山のもとに通う日々。息子との約束も簡単に破ってしまう俊太郎に、妻・美咲(小野ゆり子)は口には出さないがショックを受けていた。 そんな中、豊隆は小説の冒頭部分を書き上げ、「一番最初に読んでほしい」と晴子に原稿を差し出す。だが、それが原因で豊隆と晴子は口論となってしまう……。

出演者

小説家 吉田豊隆…白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)  新人編集者 小柳俊太郎…小柳友  文壇バーの店員 佐倉晴子…桜庭ななみ  榊田編集長…梶原善  大御所小説家 内山…西岡徳馬   小柳の妻…小野ゆり子  吉田・小柳の幼馴染 山根…森田甘路  加藤副編集長…六角慎司  人気小説家 野々宮…須藤蓮  小柳の息子 悠…志水透哉

ナレーション

伊倉一恵

見逃し動画視聴

公式配信

放送日から1週間以内なら無料視聴可能!

ビデオ・オン・デマンド(VOD)

高画質・高音質で過去放送分までイッキ見
今なら無料お試し視聴できます!
わずらわしい広告もナシ

おすすめ!

FODプレミアム 

本ページの情報は掲載時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性があるので、最新の情報は各サービスのホームページもしくはアプリにて確認してください。

動画配信サイト

低画質・低音質・広告有だけど、無料で見たい方はこちら!

作品情報

コメント