【2019年4月29日】小説王 第2話

小説王

あらすじ

白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)フジテレビ初主演! 白濱のバディ役に小柳友、ヒロインは桜庭ななみ! 早見和真原作、人気小説「小説王」がついにドラマ化!  売れない小説家の吉田豊隆(白濱亜嵐)と、小学校時代の同級生で、出版社勤務の小柳俊太郎(小柳友)は19年ぶりに再会し、2人で、子供の頃読んで感動したような小説を作ろうと決意する。だが、その前に立ちはだかったのは、大御所作家・内山光紀(西岡徳馬)だった。かつて、豊隆の処女作「空白のメソッド」が新人賞を受賞した際の審査員だった内山は、豊隆に「小説なんか辞めちまえ」と迫る。小説を辞める気だった豊隆だが、「アンタを認めさせる日本一の小説を絶対に書く」と思わず啖呵を切る。 昔、豊隆の小説に救われたという文壇バー「ケリー」の晴子(桜庭ななみ)も、豊隆が新作を書き上げることを応援することを豊隆に宣言する。一方、豊隆のことばかり優先し家族を顧みない俊太郎は、小学生の息子のことで妻・美咲(小野ゆり子)との関係がぎくしゃくしていた。 豊隆と俊太郎、2人で昔のように作った物語。しかし、いざ俊太郎が豊隆の新連載企画を提案すると、編集長の榊田(梶原善)は、「売れる企画を持ってこい」と言って、まったく取り合ってくれなかった。そしてそのことが原因で、豊隆と俊太郎の関係にも亀裂が生じてしまい……

出演者

小説家 吉田豊隆…白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)  新人編集者 小柳俊太郎…小柳友  文壇バーの店員…桜庭ななみ  謎の男…松澤一之  榊田編集長…梶原善  大御所小説家 内山…西岡徳馬   小柳の妻…小野ゆり子  焼鳥屋の店長…森田甘路  加藤副編集長…六角慎司  ファミレスの店長…池田良  人気小説家 野々宮…須藤蓮

ナレーション

伊倉一恵

見逃し動画視聴

公式配信

放送日から1週間以内なら無料視聴可能!

ビデオ・オン・デマンド(VOD)

高画質・高音質で過去放送分までイッキ見
今なら無料お試し視聴できます!
わずらわしい広告もナシ

おすすめ!

FODプレミアム 

本ページの情報は掲載時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性があるので、最新の情報は各サービスのホームページもしくはアプリにて確認してください。

動画配信サイト

低画質・低音質・広告有だけど、無料で見たい方はこちら!

作品情報

コメント