【2019年2月7日】スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第5話「ドロ沼離婚劇の結末」

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

あらすじ

鈴木法律事務所、危機管理部の氷見江(竹内結子)たちを訪ねてきたのは経済評論家であり、鬼嫁コメンテーターとして活躍している木村よう子(遠野なぎこ)。依頼内容は、離婚をしたいのだが夫が拒否をしており、夫を離婚に応じさせて欲しいというもの。よう子の夫は、以前は司会としてTVで引っ張りだこであったものの、今はめっきり仕事がない落ち目のタレント・中山昌平(デビット伊東)だ。オシドリ夫婦ともっぱら評判の2人であるため、意外に思う氷見や与田知恵(水川あさみ)は離婚専門の弁護士に回そうとするが、よう子は体のアザを見せ、夫からDVを受けていると告白。そこに副所長の鈴木太郎(バカリズム)が来て、危機管理部で扱うと引き受けてしまった。 早速、氷見たちは週刊文新の記者・東堂裕子(泉里香)に接触し、中山のDV疑惑をリークする。氷見たちの狙い通り、文新の記事により世間から大バッシングを受ける中山。すぐに中山も離婚に応じるだろうとタカをくくっていると、中山が生配信で釈明をおこなうことに。中山はそこで、DVが事実無根であること、また自分は妻を愛しており離婚をする気は微塵(みじん)もないことを表明する。逆に大慌てになる氷見たちは、すぐによう子に会い、中山の言っていることは本当なのかうそなのか問いただすも、よう子はとにかく「離婚したい」の一点張り。よう子は何かを隠している、と氷見たちは感じ…。

出演者

竹内結子  水川あさみ  中川大志  泉里香  ・  バカリズム  斉藤由貴   他

見逃し動画視聴

公式配信

放送日から1週間以内なら無料視聴可能!

ビデオ・オン・デマンド(VOD)

高画質・高音質で過去放送分までイッキ見
今なら無料お試し視聴できます!
わずらわしい広告もナシ

おすすめ!

FODプレミアム  dTV

本ページの情報は掲載時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性があるので、最新の情報は各サービスのホームページもしくはアプリにて確認してください。

動画配信サイト

低画質・低音質・広告有だけど、無料で見たい方はこちら!

作品情報

脚本

倉光泰子 三浦駿斗

主題歌

YUKI

オープニングテーマ

milet

コメント